つみきと人形

真冬でも快適な家

住居

室内の熱を外に逃がさない

昔の日本家屋は夏の蒸し暑さを和らげ、快適に暮らすため風通しを重視して設計されていました。その反面冬になると隙間風に悩まされることが少なくありませんでした。しかし、冷暖房の普及で家庭でも省エネを心がけることが求められるようになり、家造りのセオリーも夏の涼しさよりも冬の温かさを重視するようになりました。杉並区に建てる家の暖房コストを下げる鍵を握るのが、気密性と断熱性です。気密性が高まるほど、暖めた空気は外に逃しにくくなり、冷たい外気が家の中に入るのを防ぎます。高気密・高断熱にすることで、冬でも暖かい一戸建てを造ることができるのです。杉並区で、冬の暖かさを重視して高気密・高断熱の一戸建てを造る場合、必要になるのは夏の暑さを和らげる工夫です。気密性・断熱性が高い一戸建ては、室内に取り込んだ熱を逃さないのが特長です。大きな窓を設けて太陽の熱をとり込めるようにすると、冬の暖房効率は高まりますが、夏の冷房効果が悪くなります。冬には太陽の熱や光を十分に取り込み、夏には余分な熱を家の中に入れないように配慮したプランを考えることが大切です。気密性の高い杉並区の家は自然な空気の入れ替えが少ないので、暖房も室内の酸素をを使ってガスや灯油などを燃焼させ、2酸化炭素を排出するような開放型ストーブは適しません。灯油やガスのFF式暖房機や電気のエアコン、あるいは床暖房などを選びましょう。また、杉並区の高気密一戸建てには機械換気が欠かせません。熱交換型の換気システムを利用することで、せっかく暖めた空気を逃さない、より省エネな住まいが実現できます。