つみきと人形

快適な室内環境をつくる

一軒家

内断熱工法と外断熱工法

少ないエネルギーで快適に過ごせる一戸建てを造る上で、重要になるのが断熱性能です。杉並区の一戸建ての断熱工法は内断熱工法と外断熱工法の2つに分けられます。杉並区の一戸建てに用いられることが多いのは、内断熱工法です。構造体である壁の内部を始め、天井裏や床下など熱が逃げやすい躯体の隙間に、グラスウールやウレタンフォームなどの断熱材を入れる方法です。ポイントは隙間なく断熱材を充填することです。断熱材の間に隙間ができると断熱性能が低くなるだけでなく、内部結露の原因になり、建物の劣化を促すことにつながります。高い精度で施工することが重要なのです。対して近年注目されているのが、外断熱工法です。これは家の外側をボード状の発砲プラスチックやアルミ遮熱断熱シートなどの断熱材でくるむ方法です。精密に施工すると、室内と家の接する空気の温度や湿度に差が生まれず、内部結露が発生しにくくなるのが良いところです。杉並区の一戸建ての外側をすっぽり覆うので気密性も高くなりますが、外側に断熱材を張るため壁の厚さが増し、重量のある外壁材が使いにくく、コストも内断熱工法よりも高くなります。内断熱工法でも外断熱工法でも断熱材と外部仕上げ材は接していますが、この2つの間に空気の流れる通気層を設ける通気工法という方法もあります。壁の内部に通気層をつくることで、内部結露の原因となる湿気を溜まりにくくするメリットがあります。通気方法は内断熱工法と外断熱工法のどちらと組み合わせることもできます。杉並区では、いずれの場合も十分な効果を得るために精密な施工を行うことが求められます。