つみきと人形

バリアフリー住宅づくり

男女

高齢になることを考慮して

新築住宅や中古住宅、分譲住宅といったように日本には数多くの物件が存在しています。高齢化社会を迎えた現代において杉並区で選ばれているのは、バリアフリーな一戸建てです。バリアフリーな一戸建てとは、住宅内の階段や段差といった障壁などが一切なく、体の不自由な人や車いす生活を送る人が安全で快適に暮らせる住宅のことをいいます。そのためは換気や断熱、気密性まで計画的に考える必要があります。杉並区で20年・30年先のことを考えて、玄関のそばに寝室を配置したり、LDに近い個室の間取りをつくれば家族とのコミュニケーションが取りやすくなります。トイレや浴室もなるべく寝室に近づけると、動線も省略されます。また、力を入れずに操作できるハンドルレバーやドアノブ、将来を見越した開口部の広い出入り口も必要です。今の生活環境や家族の生活のリズムを考えて、自分達に必要なバリアフリー一戸建てについて検討してみましょう。玄関のそばに寝室を配置することは、ただ単に出入りがラクということだけではありません。一番のポイントは、地震や火災の時すぐに家から出られるということです。また寝室にサンルームや大きな窓を設ければ同様に緊急の避難口を確保できますし、将来的杉並区で車椅子生活になっても、そこから出入りすることが可能です。杉並区で一戸建ての間取りをつくる際に、気をつけたいのがドアの位置です。寝室からリビングへは、できるだけ一直線で歩けるようにしたいものです。これは無駄な動きがなくなるのは勿論、荷物を持っている時など、位置が違うだけでドアの開閉が障壁になるからです。将来車椅子になっても移動しやすいという利点もあります。