女性

快適な室内環境をつくる

一軒家

快適な省エネ一戸建てを杉並区で造るには、断熱性能が重要です。断熱工法には内断熱工法と外断熱工法があり、内断熱工法は隙間に断熱材を入れ込む方法です。外断熱工法は家の外側を断熱材ですっぽり包む方法です。2つの間に空気の流れる通気層を設ける方法も有効です。充分な断熱効果を得るには精密な施工が大切です。

真冬でも快適な家

住居

昔の日本の家は風通しの良い家でしたが、今の杉並区の一戸建ては冬の暖かさを重視しています。 暖房費のコストダウンには気密性と断熱性が大切です。大きな窓を設けて太陽熱を利用すると光熱費は半減します。但し、夏の暑さ対策は忘れないプランを立てましょう。開放型ストーブは避けて換気対策も重要なポイントです。

周囲の環境と調和する家

積み木

地域特有の気候に合わせて

魅力的な杉並区の一戸建てはたいてい周囲の環境と見事に調和して、杉並区の街の景観づくりに一役買っています。家づくりは自分が建てる敷地の範囲内なのだからと、自分と家族のことだけを考えてしまいがちですが、杉並区の美しい街並みは家を建てる人の配慮が積み重なって作られていきます。周囲の環境に相応しく、かつ一戸の家として美しくまとまった一戸建てをつくりたいものです。周囲の環境に調和する外観を持った杉並区の一戸建てにはバランスの良い屋根がかかっています。そして外観がまとまった良い一戸建ては、たいてい良い間取りになっていることが多いです。何故なら屋根は間取りを立体にした住空間の上に乗るわけですから、間取りに伴い、屋根の形も決まってきます。快適な住まいをつくるには、間取りづくりと同時に屋根の形とかけ方を考える必要があります。屋根を選ぶ時まず第一に考えたいのが、屋根が持つ役割です。屋根の機能は雨、雪、風、紫外線、寒暑などから住まいを守ることです。そのため、地域の気候・風土に合わせて最適な屋根の形を選ぶことが大事です。例えば、降雨量の多い地域では、屋根と屋根の間に谷間ができないシンプルな切妻や寄棟などが適しています。切妻は伝統的な屋根の一般的な屋根の形で、日本各地の気候・風土に適しており、機能的にも美的にもたいへん優れています。古くから日本の伝統的な建築様式として息づいてきた、屋根に対する先人の知恵を見習いたいものです。

バリアフリー住宅づくり

男女

数ある住宅の中でも杉並区では、バリアフリーの一戸建てが多くの人に人気となっています。高齢になることを考慮し、玄関のそばに寝室を置いたり、LDの近くに個室を配置すれば孤立しません。玄関近くに寝室があれば、災害が起きた時、すぐ逃げられますし、一直線で歩けるドアの位置にすることで、車椅子になっても移動しやすくなります。